どのくらい安いのか?格安航空券で旅行を満喫しよう!

- 格安チケットを使って飛行機で手軽に旅行へ行く

格安チケットを使って飛行機で手軽に旅行へ行く

現在の日本には、各都道府県に1つ以上空港が存在するぐらい、大量に空港が作られています。
そのため、東京から簡単に飛行機での移動ができるようになりましたが、値段の高さから利用客が少なくなっているので、各航空会社では格安サービスなどを中心に、いろいろなサービスを導入しています。


格安航空会社がどんどん増えている

航空会社が導入しているサービスの中でも、特によく使用されているのが航空券なのですが、やはり通常料金よりも安く利用できる格安航空券が人気となっています。
このようなサービスを導入しないと、航空会社がしっかりと経営できなくなってしまうからです。
そんな中でもローストコリア、通称LCCに格安航空会社がどんどん参入しています。
できる限り料金を安くすることで、利用客を増やそうと検討しているわけですが、東京など日本の首都に存在している空港は、かなり利用客が多くなっています。
それに対して地方にある空港では、1日4往復や5往復しか飛行機が離発着してないようなところも存在しているので、料金を安くしないと誰も利用してくれません。
だからこそ航空会社でも、いろいろなサービスを導入すると共に、できるだけ安い料金で提供するのですが、残念ながらできる限りコストを削減して料金を安くしているので、大手航空会社のファーストクラスのようなサービスは不可能です。
しかし、飛行機はとても速い時間で目的地に到着しますし、バスや鉄道のように途中に停車するということはありません。
だからこそ安全面には十分配慮して、その他のグレードを落として安い料金で飛行機を利用できるようにしているのです。

どれぐらい安く利用できるのか

利用者が気にすることは、格安航空券を利用することで、どれぐらい通常の料金と比べて安くなるのかという点なのですが、両方をいろいろと比較してみることでさまざまなことがわかってきます。
もちろん航空会社によって料金は多少変わってくるのですが、東京から北海道まで利用した場合には、大体4千円から5千円ぐらいの料金で行けるのが一般的です。
では、一般的な料金ではどのようになっているのかというと、普通席の料金で2万円から2万5千円ぐらいかかってしまうことが多いので、大体3分の1から5分の1ぐらい安くなると考えてよいでしょう。
交通費がこれだけ安くなるということは、その分食事や観光に使えるということを意味していますし、お土産をたくさん買うこともできます。
しかも東京から北海道までは、大体1時間半ぐらいで到着するので、多少サービスの質が低くなっても、あまり文句をいう人はいません。
もちろんあらかじめこのようなサービス内容ですということを伝えた上で航空券を購入している人が殆どなので、みんな承知の上で安い飛行機を利用しているのです。
このような格安料金で遠くまで行けるのであれば、多くの人が利用することは簡単に予想できるため、いろいろな会社がLCCに参入しているのです。

利用する航空会社によって料金も変わる

先ほど確約航空券を利用することで、東京から北海道まで大体4千円から5千円ぐらいが一般的な料金だと書きましたが、実は利用する航空会社によっては、もっと安い料金で飛行機を利用することもできます。
LCCに加入している会社が全て同じ料金に設定しているわけではないので、航空会社によっては多少料金にも違いが出てくるのです。
そのため、東京から北海道までの料金が、大体4千円から5千円ぐらいというのは、あくまで平均的な価格と思っておくべきでしょう。
また、同じ飛行機であっても、座る席によって価格が変わってくるのは一般的な航空会社と全く同じです。
一般的には快適で座席が広くなっている場合には、その分料金が高くなるので、ある程度狭い場所でも問題ないという人がよく利用します。
もちろん狭いとは言っても、ある程度体の大きな人でも問題なく座ることができるので、窮屈という感じではありません。
格安チケットを格安航空券モールで購入して使うことで、これだけ料金が変わってくるのだから、ぜひ利用してみたいという人も多いでしょう。
そんなときにはインターネットで検索するか、航空会社に問い合わせることで、いろいろな情報を得ることができます。
中にはもう利用したことがある人もいるでしょうが、このような人に聞いてみるのもよいでしょう。

比較してみれば料金の安さは一目瞭然

一般的な飛行機の料金と、格安料金とではかなりの差があるので、比較をすることで明らかにお得であることがわかります。