今までの航空会社との違い

- 今までの航空会社との違い

今までの航空会社との違い

今までも航空会社では、いろいろなサービスを行ってきましたが、今まで航空会社が行ってきたサービスの内容と、ローコストキャリアと呼ばれているLCCとでは、どこが異なっているのでしょうか。
また、新しく導入したサービスなども見ていきたいと思います。


レガシーキャリアについて

今まで行われてきた航空会社のサービスを、レガシーキャリアと呼ぶこともあるのですが、このレガシーキャリアというのは、料金よりもサービスを重要視していました。
食べ物や飲み物を好きなときに提供する、寒いときには毛布なども提供していましたし、イヤホンを使用できるサービスなども盛り込まれていました。
それに対してローコストキャリアというのは、サービス内容よりも料金を充実した内容になっているのです。
もちろん全くサービスを行わないというわけにはいきませんし、飛行機の運転に支障が出るようでもいけません。
そのため、必要不可欠なコストを削るわけにはいきませんので、削減をしても問題ないところを、徹底的に削減して安い料金で利用できるようにしているのです。
最近は不景気と増税の影響によって、少しでも安く飛行機を利用したいという人が多いことから、格安航空券を求める人の数は増加していると言えるでしょう。

なぜ安い料金にすることができるのか

一般的な航空券を利用したときに比べて、格安航空券を利用したときの料金は、かなり安くなっていることがわかります。
しかも安いところでは、従来の5分の1ぐらいの料金で飛行機が利用できる場合もあります。
なぜこのように料金を安くすることができるのでしょうか。
それは使われている飛行機の種類を統一し、人件費を削減していることや、ポーディング・ブリッジを使用しないで料金を節約しているなどがあります。
他にも予約はインターネットを中心にする、パイロットやCAなど航空内清掃を行うなどで無駄な費用を削減しているのです。

徹底的に無駄を省く

無駄を徹底的に省くことで、従来のFSCよりも、LCCの方がかなり料金を安くすることができるのです。